日差しは風雨の後、ビュイックのリーグ戦でついに虹を見た。-ricky lee neely

日差しは風雨の後、ビュイックのリーグ戦でついに虹を見た。2016年9月6―10日、2016年のビュイック・中国ゴルフクラブリーグ戦が万万人の白頭山ゴルフ会で開催された。昨日の4人4試合は雷雨のため途中で試合をしていたので、皆さんの心の中には少しも心配してしまい、今日はいい天気ができるように祈っています。今日行われたのは4人2試合ですが、残念なことにお天道様が悪いですが、第2ラウンドの試合はまだ大雨にあふれていて、試合が終わるまで太陽が顔を出すことができました。二日間の競争、北京友朋隊、雲南雲竜灣はそれぞれ公開組、会員グループ第1位、探花、榜眼も大変動がある。公開グループはこちらで、北京名物は総成績280棒で首位にあり、2組の選手の成績は71本、75棒である。その中の1組の隊員――葉は黄色の葉で協力して息を結んで、葉が2つの小鳥をつかんでいて、このような悪い天気の下で依然として標準レバーの1棒を下回る良い成績を出しました。第2位は広東高朋会、二輪総成績は286レバー、2回戦成績147レバー、チームの中で1人の隊員が強いというジェーン度、球技はずば抜けていて、多くの人は彼を“広東第一竿」。ブランドの試合は、ジェーンは、最初の9穴と後9の穴に2匹の鳥を捕まえて、1つの柏の忌を飲んでいた。広西級の第1ラウンドは第11位で、今日は後に後になって、147の棒で東莞のタカなどの強いチームを圧倒して、第3位になっています。武漢、重慶、東莞、東莞と並んで4番目に、2番目の成績は、第4に、2番目の成績を持っています。会員グループは同様に競争が激しい。雲南玉の長さクラブの長さは157の棒で、その中の1組の隊員が最後の穴と最後の穴は順調に鳥をつかむことができて、最後に78棒を打って、別の1組の選手は――。昨日のリードによって、玉は総成績を取っています。玉竜灣同組チーム――靑島国際第二名一時から第六、河北省滄州名人続かなくて、第2ラウンド終瞭後はたちまちから第二位、隊員王永明と何玉利今回つかんだ鳥さん、最終77レバーを、別の1組のメンバー卢欣と王居顺の成績を79レバー。湖南省の地区、北京はスポーツのフィットネス、深圳の海の湖、青島国際はその後、それぞれ3~6名にランクされ、それぞれのチームの総成績はただ一つの棒だけである(総成績はそれぞれ:302、303、304、305)で、競争の激しさがうかがえる。その中で、三浦さんの斎藤勝雄は、今日は3つの小鳥を捕まえたが、18洞でミスをしていて、メモを飲んでしまった。2日のどしゃ降りを押しつぶす私たちは、かえって私たちを見た一つ一つの強い眼差し、ひとつひとつの毅然とした顔。競争環境が悪く、寒い天気が震えて、しかし一人一人の選手も歯を食いしばって最後まで頑張れました、この地道な精神が深く奮起。これは、競技スポーツの精神、これは、ゴルフ人の品格、この品質貴重。ビュイックリーグの競技場に輝いてくれてありがとうございます。明日はビュイックリーグ決勝戦の最後の日で、選手たちは個人的なレースの試合を展開します。誰が最後まで笑って、誰かにチャンピオンの座に座って、すべての答えは明日発表!

阳光总在风雨后 别克联赛次轮战罢后终于见彩虹-搜狐体育  2016年9月6―10日,2016别克•中国高尔夫球俱乐部联赛在万达长白山高尔夫球会举行。昨日的四人四球赛因雷雨而中途停赛,让所有人的心里都不免有些担心,大家都祈祷着今日能有一个好天气。今天进行的是四人两球赛,可惜天公不作美,第二轮比赛依旧充斥着大雨,直到比赛结束太阳才舍得露了脸。   经过两天的比拼,北京友朋队、云南云龙湾依旧分别位列公开组、会员组第一,而探花、榜眼都大有变动。   公开组这边,北京友朋队以总成绩280杆依旧高居榜首,两组队员的成绩分别为71杆、75杆。其中一组队员――陈树新与黄红生合作默契,在本轮抓住2个小鸟,在如此恶劣的天气下依旧打出了低于标准杆1杆的好成绩。位列第二的是广东高朋会,两轮总成绩为286杆,第二轮成绩147杆,队伍中一名名叫简次强的队员,球技高超,许多人称他为“广东第一杆”。本轮比赛,简次强与黄浩搭档,前9洞与后9洞分别抓到2只小鸟,共吞下一个柏忌,本轮成绩71杆。广西鹰队第一轮排名第11位,今日后来居上,以147杆力压东莞老鹰等强队,暂列第三名。而武汉龙虎、重庆保利和东莞老鹰则并列第四,两轮总成绩为292杆。   会员组同样竞争激烈。云南玉龙湾俱乐部本轮成绩为157杆,其中一组队员雷盛生和丁逸雯最后一洞顺利抓鸟,最后打出78杆,另一组队员――刘国良和吕永宏打出了79杆。凭借昨天的领先优势,玉龙湾以总成绩293杆依旧名列第一。   玉龙湾的同组队伍――青岛国际从第二名暂时退居第六,而河北沧州名人奋起直追,第二轮结束后一跃升至第二位,队员王永明和何玉利本轮抓了3个鸟,最终打出77杆,另一组队员卢欣和王居顺的成绩为79杆。   惠州汤泉、北京龙熙体育健身、深圳观澜湖、青岛国际紧追其后,分别位列三至六名,每个队伍的总成绩都仅仅只有一杆之差(总成绩分别为:302、303、304、305),竞争之激烈可见一斑。其中,惠州汤泉的斋藤胜雄与邓柱福今天共抓住3个小鸟,但在18洞出现失误,吞下一记双柏忌,另一组队员发挥也比较稳定,本轮成绩+3,抓住2个鸟。   两日的滂沱大雨没有压垮我们,反而让我们看到了一个个坚定的眼神,一张张坚毅的脸庞。虽然竞赛环境恶劣,寒冷的天气令人瑟瑟发抖,但每一位运动员都咬牙坚持到了最后,这种坚持不懈的精神令人深感振奋。这,是竞技体育的精神;这,是高尔夫球人的品格,这种品质弥足珍贵。感谢你们将它赋予给了别克联赛,让别克联赛的赛场熠熠生辉。   明天是别克联赛总决赛的最后一天,队员们将展开个人比杆赛的比拼。谁能笑到最后,谁又能坐上冠军宝座,所有答案都将在明天揭晓!相关的主题文章: